中学受験算数「往復の2回目の出会う問題」

往復の2回目の出会いサムネイル算数

中学受験算数「往復の2回目の出会いの問題」です。

スポンサーリンク

往復の2回目の出会う問題

距離が15mのAB間を、点Pは秒速2mで点Aを、点Qは秒速3mで点Bを、それぞれ同時に出発してAB間を往復しています。出発してから点Pと点Qが2回目に出会うの何秒か求めなさい。

往復の2回目の出会う問題のポイント

・往復して2回目に出会うまでの道のりや時間
=1回目の出会いまでの道のりや時間の3

往復出会いのポイント

1回目の出会いまで
→黒い線の合計(AB1つ分)

2回目の出会いまで
→ピンクと黒の線の合計(AB3つ分)

往復の2回目の出会う問題の解説

<手順➊>
点Pと点Qの1回目の出会いまでの時間は、
15÷(2+3)=3(秒)

<手順➋>
2回目に出会うのは、
3×3=9(秒後)

※「1回目に出会ってから何秒後か?」であれば、3×2=6(秒後)となります。

往復の2回目の出会う問題の解答

9秒後

コメント

テキストのコピーはできません。