小学生が覚えておきたいことわざの一覧

覚えておきたいことわざサムネイル国語

小学生が覚えておきたいことわざの一覧です。中学受験をする皆さんは、確実に覚えて、出題されたら得点したいところです。覚えていないところは、確実に覚えましょう。

スポンサーリンク

覚えておきたいことわざ

(四字熟語)(意味)の順に一覧にしています。

※「ルビ(ふりがな)」をふってあるところは、その漢字は読めるようにしておきましょう。
  • 赤字は、ケアレスミスが多い
  • 青字は、正答率が低い

あ行のことわざ

  1. 悪銭あくせん身につかず…不正に手にした金はすぐになくなる。
  2. あばたもえくぼ…ひいき目で見れば欠点も美点に見える。
  3. 虻蜂あぶはちとらず…二つのものを得ようとして、ともにとり逃がす。
  4. 雨降って地固まる…ごたごたが解決し、かえって安定する。
  5. 石の上にも三年…何事も辛抱していれば必ず報われる。
  6. 石橋をたたいて渡る…用心のうえにも用心を重ねる。
  7. 医者の不養生ふようじょう…人に立派なことを言いながら自分は実行が伴わない。
  8. 急がば回れ…遠くても安全な道を通るほうが早く着く。
  9. 一寸の虫にも五分の魂…小さく弱いものにも、相応の意地がある。
  10. 馬の耳に念仏…人の意見に耳を貸さず、全く効き目がない。
  11. 絵にかいた餅…観念的・空想的なものは役に立たない。
  12. えびでたいを釣る…わずかな元手で大きな利益を得る。
  13. 鬼に金棒…ただでさえ強いものがますます力をつける。
  14. 帯に短したすきに長し…中途半端で役に立たない。

か行のことわざ

  1. 河童の川流れ…どんな達人も、ときには失敗する。
  2. 枯れ木も山のにぎわいつまらぬものも、ないよりはまし。
  3. 腐ってもたい…よいものは、悪くなってもそれなりの価値をもつ。
  4. 転ばぬ先の杖…失敗しないように十分に準備しておく。

さ行のことわざ

  1. 三人よれば文殊の知恵…皆で話し合えばよい考えも浮かぶ。
  2. しゅに交われば赤くなる…付き合う友によって良くも悪くもなる。
  3. すずめ百まで踊り忘れず幼時の習慣は、年を取っても改めにくい。
  4. 住めば都…どんな土地でも住み慣れれば住みやすくなる。
  5. 船頭せんどう多くして船山に登る指図をする人が多いと統一がとれない。
  6. 千里の道も一歩から…偉大な事業も手近なところから始まる。

た行のことわざ

  1. 棚からぼたもち…何もしないているのに、思いがけぬ幸運に出あう。
  2. 提灯ちょうちんに釣り鐘…釣り合わないもののたとえ。
  3. 出る杭は打たれる…頭角を現す有能な者は妨げにあう。
  4. とびが鷹を生む…平凡な両親から優れた子が生まれる。
  5. とらぬ狸の皮算用…不確実な事柄に期待をこめて計画を立てる。

な行のことわざ

  1. 情けは人のためならず…人に情けをかけておけば、いつか良い報いとなって自分にかえってくる。
  2. ぬれ手で粟何の苦労もせずに利益を得る。
  3. 猫に小判…価値のあるものも、その値打ちがわからぬものには役に立たない。

コメント

テキストのコピーはできません。