中学受験算数「円すいの側面積の問題」テクニック伝授

円すいの側面積のサムネイル算数

中学受験算数「円すいの側面積の問題」テクニック伝授です。円すいの側面積は、おうぎ形になるわけですが、おうぎ形にして求める計算の手順が多くなり、計算ミスの可能性が高まります。今回は、テクニックを伝授しますので、それを利用して解けるようになりましょう。

スポンサーリンク

円すいの側面積の問題

次の図は、円錐を真正面と真上から見てかいたものでです。この円すいの体積と側面積を求めなさい。ただし、円周率は3.14とするものとする。
円すい側面積の問題

円すい側面積の公式

円すい側面積の求め方は、

母線×底面積の半径×円周率(3.14)

円すい側面積のポイント

円すいの側面積の問題の解説

次の図は、この円錐の見取図です。
円すい側面積の図解

<手順➊>
体積は、5×5×3.14×12÷3=214cm3

<手順➋>
側面積は、13×5×3.14=204.1cm2

円すいの側面積の問題の解答

(体積)214cm3
(側面積)204.1cm2

テスト前日に、確認しておきたい公式の1つです。

コメント

テキストのコピーはできません。